プロフィール

西区己斐

Author:西区己斐
芸大生の手記です。
てかまんま絵日記。
写大と高幡不動よりお届け。
http://pr.fc2.com/portableeople/

キィはHasselとMac iPhone。
或はささやかな同人生活。
或は……………

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

QRコード

QR

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

Twitter

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

guard

iPhone4のケースには相変わらず困っている。
最低限の保護なら"Bumper"がもっとも軽く、支障なく使える存在である。
しかしあれはイヤホンジャック周りの伸縮部のゴム次第であって、それが劣化するとどうにもみっともない。
Apple純正品は一年使って寿命が来た。

それとは対極にあるのがかなり昔に手にした"Griffin Survivor"で、あれも素晴らしいものだった。
とはいえ年がら年中使う気になれないのが困ったところで、つまりiPhoneがクッションの塊へ巨大化するのです。
アップルケア並みの安心感が得られるのだから我慢しようと思ったが付属ベルトクリップが思いの外盲点。
かなり、というかSurvivor本体といろいろ差があってちょっとアンバランスだった。
おまけに厚みがありすぎてイヤホン端子にせよドックコネクタにせよたどり着くまで深くなりすぎたのもちょっと不便だった。

…そういうわけで結局、お馴染みの革製ケースに突っ込んだり980円のサードパーティ製バンパーに手を出し消耗品としてきた。

で、新たに手を出したのが"Otterbox Defender"
_DSC0784.jpg
手っ取り早く表現すると"Survivor"のライトバージョン。基本的な構成はSurvivorと同じ、装着方法も同じ。
液晶画面保護板(保護フィルムではなく保護板が入る)もまったく同様のものである。
_DSC0785.jpg
異なるのはSurvivorほど厚みがないことと素材の違い。それは防護性能が多少劣ることを意味する。
防塵性は明らかに劣る…外部端子はいちおう保護されるが細かいところは不十分だから期待しないほうがよい。
耐衝撃性は普通のケースよりは圧倒的に優れる。でもSurvivorと比べたらやはり劣るのは仕方ない、というかSurvivorの性能が異常なのだ。
別にOtterboxが怠けているわけではなく、現実的なサイズと重さのなかで立派なiPhone保護ケースを作っただけだ。
_DSC0786.jpg
Survivorより優れている点もある。とても大きいが保持性に優れたベルトクリップだ。
シリコンのような素材でそこそこ柔軟な本体とちがい非常に硬いプラスチック製のクリップは剛性感もあり中々よい出来である。

さて、若干スマートなリトルSurvivor、どんなもんでしょう。
(ちなみに、最近はこれがたった19ドルほどで手に入る…)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。