プロフィール

西区己斐

Author:西区己斐
芸大生の手記です。
てかまんま絵日記。
写大と高幡不動よりお届け。
http://pr.fc2.com/portableeople/

キィはHasselとMac iPhone。
或はささやかな同人生活。
或は……………

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

QRコード

QR

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

Twitter

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Si Dice Che I Delfini Parlino

唐突ですがグアムへ行ってきた。
正直、別に行きたいとも思わなかったのですが旅行をプレゼントされたら行くしか無い。
_0019606.jpg
コンチネンタル、もといユナイテッド航空便を強要されたが、あながち予想を上回る美味な機内食。
せいぜい3時間のフライトでチキン(カレー)かパスタをチョイスできたのはえらい。
しかもこれ、人生初の767。はじめての767がよりによって767-400というのもまた…

そういうことだから、グアムに行っても円高を盾に買い物に興じるくらいしか思い付かない。
いや、これがある。日本の航空法から逃れ、飛行機を操縦することだ。
_0019670.jpg
_0019677.jpg
旅博2011でお会いしたマイクロネシアンアビエーションの方のお薦めに従ってセスナ172か何かを操縦体験してきた。
はっきりいって、実に素晴らしい。
空を飛ぶことがあれほど愉快であるとは、航空券を買って窮屈な思いをするのがバカみたいである。
まぁ、機内映画のかわりにATCや地形追従、それから昇降計や高度計、水準器を見続ける必要があるかもしれないけど。

とはいえ一応、観光に関してはバス・ツアーに丸投げした。
_0019760.jpg
日本海軍 特殊潜航艇。甲標的とも云う。
これは戦争博物館。なぜかキスカ島の大脱出を大きく扱っていた。
どちらかといえば侵略者という立場上、日本はあまり良い扱いではない。
_0019782.jpg
この小さいのに二人乗って短くない距離航走して湾に突っ込んで帰ってこようとは…
まぁ、たしかどれも座礁したり戦闘したりして唯一1人の捕虜を除いて全員戦死したんだけどな。
それにしても海軍基地の横にこういうのは少々辛い…それが歴史なんだからやむを得ないとはいえなぁ。
もっとも太平洋戦争の開戦を知らせる新聞の復刻版を売っている売店の人々を含め日本人に好意的ではある。感情としてはどうなんだろうか。
いずれにせよここも激しくやりあった戦場という事を意識する人は、あまり無い。
_0019739.jpg
大聖堂、というものもあった。あったけどストラスブールやマルセイユで見かけるようなものとは違って街の誇りや威厳というものを感じられない。
やはり建物に彫刻などが無く装飾が無いからなのかもしれない。
ここに教会を立てる頃には、もはやそんな時代は過ぎ去っていたのだろう。
_0019830.jpg
_0019701.jpg
余談だがセスナを除けば最大の楽しみはタコベルだったかもしれない。
実際、非常に美味しかった。とても美味しかったし、びっくりするほど安かった。
…安いのは円高のお陰でもあろうが、常に一食500円以下はともかくモールで買った立派な革のブーツが$15とかやはり常軌を逸してる。
_0019713.jpg


帰りは恐ろしいことに737-800だ。
仮にも国際線にナローボディー、PBBはL1ドアのみ、とかやめて欲しい…
巡航中の半分は間違いなくラバトリーに行列が、それも最後尾から翼上まで出来ていたぞ。
_0019872.jpg
最後に入国審査官が僕の顔を見て腑に落ちない様子で首を傾げていたので一言いってやった。
「もみあげ、剃っちゃったんだよね。」
私は生まれて初めて、入国審査官が笑いをこらえる光景を目にした。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。