プロフィール

西区己斐

Author:西区己斐
芸大生の手記です。
てかまんま絵日記。
写大と高幡不動よりお届け。
http://pr.fc2.com/portableeople/

キィはHasselとMac iPhone。
或はささやかな同人生活。
或は……………

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

QRコード

QR

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

Twitter

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hands Across The Sea

朝5時に起きて、
tvkのオープニングを見届けて、
本厚木から各停で海老名、海老名から急行で横浜、そして馬車道へ。
7時ちょっとに横浜新港に到着。
手荷物検査とを超えて待つのは第12護衛隊。
R0013204.jpg
8時丁度の国旗掲揚を眺めつつ、チケットを手に乗艦。
私は今回DD-130 護衛艦まつゆき乗艦である。
R0013211.jpg
取り敢えずヘリ甲板に誘導される。ヘリ搭載護衛艦としてはもっともコンパクトな部類だが…
R0013215.jpg
格納庫。ここにSHが入ると思うと…すごいね。

音楽隊が海を越える握手、キングコットン、星条旗よ永遠なれ、宇宙戦艦ヤマト…なんかを演奏してるうち搭乗も終わり接舷している僚艦さわゆきが出航、
次いで我々もタグボートに引かれ新港を後に。
R0013224.jpg
とりあえずヘリ甲板を降りるとシースパローがある。
一つ開けてあり訓練弾が見える。VLSじゃ見れないけど、これはランチャーだから。
R0013222.jpg
味のある説明板だが…これこそ懐かしい自衛隊の姿(笑
最近は何もかもが、洗練されてきたものです。
R0013232.jpg
もう一つのランチャーは前方に…一時期の海自護衛艦を象徴するようなアスロック。
艦橋構造もかなり時代時代で似通ってるもんですね。
R0013242.jpg
三笠の甲板材、という伝統。
しかし寒い。曇り(午後には雨)のうえ十数ktで航行する以上それなりに風もある。
先のヘリ格納庫は毛布をまとった人がいっぱいだったが、私も艦内に。
そして士官室入口に銘版があった、というわけ。
R0013248.jpg
狭い艦橋の更に上、露天艦橋?に登ると舷側にちょこんと測距儀が。
どこ製なのか見たかったが、生憎立ち入り禁止区域。大体目安はつくが……
R0013257.jpg
主砲の展示が始まった。艦橋内から見た^^;;
というか、しばらく艦橋内で見学してました。
先に機関制御室も覗いたが、そのメーターで一杯な部屋も良かったねぇw
R0013243.jpg
「とーりかーじ」「もどーせー」「宜候」云々………
途中先行している僚艦を追い越したり多分港湾管理の指示を受けたり、さすがに空気が違う。
艦長のお話もなかなか面白いものでした。
驚いたのは航法にラップトップPCが堂々置かれ、それに電子海図が表示されてた事。
しかも、普通の某社製民生品だぜ? 驚いたよ…
まぁ英次期駆逐艦はシステムの一部がWindowsという話だから、そういう時代なんだか。
R0013271.jpg
帰って来る途中その僚艦。
こうして見ると、艦首からの形状が昔ながらの雰囲気。
艦首ソナーの配置もそうだし、ステルス性を考慮した最新鋭艦とは何か違うね。
ところでまつゆきだが、どういうわけか熊本地連や群馬地連の方々も乗ってらした。
降りた後地連貸し切りバスが居たところ、ツアー組んだのかもね。
R0013282_20091024171138.jpg
ともあれなんとか午前中に帰港。
ワールドポーターズのケンタッキーで昼食をとって、
ヤバげなF80の電池を買って大桟橋へ。
護衛艦「こんごう」「ひゅうが」が展示してますんで。
「ひゅうが」は前回見たからパス。
その分念願だった「こんごう」を見学してみた。
といっても艦橋非公開ですから大した公開内容ではないが……
それでも駆逐艦と言うにバカでかい艦だ、いろいろ面白いw

で、14時ごろには横浜駅に戻って、帰った。
海老名駅で検測車に出くわしたのは予想外だったが………
ともあれ雨ふる前に…と思ったが叶わず、雨の中KSRでトボトボ走る羽目になったorz
寒いwwwwwwヒータ付けようかなwwwwwwwwww
マフラー暖たけーwwwwwwww
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。