プロフィール

西区己斐

Author:西区己斐
芸大生の手記です。
てかまんま絵日記。
写大と高幡不動よりお届け。
http://pr.fc2.com/portableeople/

キィはHasselとMac iPhone。
或はささやかな同人生活。
或は……………

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

QRコード

QR

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

Twitter

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Showroom Dummies

東京モーターショー。
紆余曲折の末に某ディーラーより入場券を頂き、一人で回ってきた。
_0029549.jpg
Peugeot.3008"ディーゼルハイブリッド"。超目玉だが認知度低め、挙句の果てに「FFガソリンエンジンとRR電気自動車」という誤った認識も。
ちなみに輸入未定、ゆえになんにも情報は無いが先日の渡仏時にカタログを入手しているので僕は大体知ってる。
値段もね。しかしユーロ円相場も未定、ゆえに黙っておくことにした。
_0029554.jpg
こちらPeugeotの反対側にCitroen.
DSシリーズを勢揃いさせての展示で好評だったが特にこのDS3 Racingは滅多にお目にかかれないだろうし貴重。
_0029600.jpg
マイバッハ。一台だけの展示があったのだが、ブランド廃止の危機にあるだけにマイバッハとしての展示はこれで最後になるのだろうか。
_0029645.jpg
スバルBRZ。開催カタログの裏表紙を飾るなど華やか。こちらはSUPER GTモデルだっけ。
_0029723.jpg
市販するとしたらこんな風情に。
車内も見えるには見えたけど相変わらず地味な内装で妙に安心。
_0029669.jpg
マツダは今回もコンセプトカーがメイン? 惜別RX-8という感じは無かった。
_0029670.jpg
地味に楽しい商用車。通勤バスから高速バスまで客席に試乗できる。
_0029671.jpg
こうした遊び心がある。そういえばハイブリッドバスといえば日野ブルーリボンが無かった…
_0029682.jpg
Renault.さすがというか、日産の向かいに。Kangooなど家族連れに人気だったみたいだが、KangooBepopの事を尋ねると在庫限りとの答えが。残念だが、しかしあれはそう簡単には売れまい。
もっぱらRenalt Windのゴルディーニ・モデルに触れてきたがLhdのMTが200万代でねぇ…しかもカブリオレ。
ベースはTwingoと同じはずだからリトラクタブルルーフの機構がリアに積まれて荷重配分が良くなって、きっと楽しいだろうな。ぜひいつかは乗りたい一台だ。


そのほかサプライヤーの展示を見て、エアバッグの実演体験など堪能して夜に帰った。
幕張と違って見やすい。行くのも楽だし東西の移動は別としてホール内での移動も便利だ。なんかちょっと狭くなったかな?とも思ったけど。
スポンサーサイト

guard

iPhone4のケースには相変わらず困っている。
最低限の保護なら"Bumper"がもっとも軽く、支障なく使える存在である。
しかしあれはイヤホンジャック周りの伸縮部のゴム次第であって、それが劣化するとどうにもみっともない。
Apple純正品は一年使って寿命が来た。

それとは対極にあるのがかなり昔に手にした"Griffin Survivor"で、あれも素晴らしいものだった。
とはいえ年がら年中使う気になれないのが困ったところで、つまりiPhoneがクッションの塊へ巨大化するのです。
アップルケア並みの安心感が得られるのだから我慢しようと思ったが付属ベルトクリップが思いの外盲点。
かなり、というかSurvivor本体といろいろ差があってちょっとアンバランスだった。
おまけに厚みがありすぎてイヤホン端子にせよドックコネクタにせよたどり着くまで深くなりすぎたのもちょっと不便だった。

…そういうわけで結局、お馴染みの革製ケースに突っ込んだり980円のサードパーティ製バンパーに手を出し消耗品としてきた。

で、新たに手を出したのが"Otterbox Defender"
_DSC0784.jpg
手っ取り早く表現すると"Survivor"のライトバージョン。基本的な構成はSurvivorと同じ、装着方法も同じ。
液晶画面保護板(保護フィルムではなく保護板が入る)もまったく同様のものである。
_DSC0785.jpg
異なるのはSurvivorほど厚みがないことと素材の違い。それは防護性能が多少劣ることを意味する。
防塵性は明らかに劣る…外部端子はいちおう保護されるが細かいところは不十分だから期待しないほうがよい。
耐衝撃性は普通のケースよりは圧倒的に優れる。でもSurvivorと比べたらやはり劣るのは仕方ない、というかSurvivorの性能が異常なのだ。
別にOtterboxが怠けているわけではなく、現実的なサイズと重さのなかで立派なiPhone保護ケースを作っただけだ。
_DSC0786.jpg
Survivorより優れている点もある。とても大きいが保持性に優れたベルトクリップだ。
シリコンのような素材でそこそこ柔軟な本体とちがい非常に硬いプラスチック製のクリップは剛性感もあり中々よい出来である。

さて、若干スマートなリトルSurvivor、どんなもんでしょう。
(ちなみに、最近はこれがたった19ドルほどで手に入る…)

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。